アルバイトで週末だけ農業を行う事は可能?


農業の雇用形態は様々
畑を耕し、種を蒔き、作物を育てる農業という仕事は、とても専門的で知識と技術が必要とされる職業です。
そのため、多くの人が農業の基礎を学ぶための学校に入ったり、農業についての色々な疑問を解消してくれ相談センターのような所に行ってから農業へと転職する事が多いようです。

日本の農業界は慢性的な人手不足ですので、常に何かしらの求人募集はされています。
多くの募集内容は新規就農者についての物が多いですが、農作物の収穫の時期といった人手が必要な時期にはアルバイトの求人募集が多くされます。

農業は、本格的な農業従事者だけでなく、派遣やアルバイト・パートといった形態での雇用も行なっている業界なのです。

「週末農業」を行なっている人は多い
農業だけを専門的に行なっている専業農家より、何かの副業と並行して農業を行なっている兼業農家の方が多いのが現在の日本の農業界の特徴です。
この中には、土・日だけ農業を行う「週末農業」の従事者も含まれます。

「週末農業」を行なっている人の多くは、きちんと自分の土地を持っている農家の人がほとんどですが、中には週末だけアルバイトとして農業に携わっている人もいます。
こういった、「アルバイトとして農業を定期的に行う事は可能なのか?」という疑問を持つ人いると思いますが、今の日本の農業の携わり方は多岐に渡っていますので、こういったスタイルでの勤務も可能なのです。

[参照元:農業アルバイト募集サイトのまとめ]