夫が農業への転職を考えてしまったら?


中高年で農業への転職を考える人達
一般の企業や会社での生活は、収入が安定して手に入れる事が出来るので、生活するうえでの不安はあまり無いです。
そういった職種とは違って、農業は収入が不安定である事で非常に有名な職業と言えます。
しかし、現在では、会社の定年年齢を待たずして農業への転職を考える中高年が非常に多いのです。

なぜ、中高年が農業への転職を考えるのかと言うと、その職場環境が魅力的に見えるからです。
ゴミゴミした都市部での仕事ではなく、のどかな田舎での生活は、ゆったりとしていてストレスが少ないというイメージが有るのです。
この田舎への憧憬は良いのですが、実際の農業は中高年から始めるには非常に体力的な不安があるのも事実ですので、転職をする場合はよく考えた方が良いです。

転職するなら農業法人へ
独身男性が安定収入のサラリーマンから農業へ転職するのであれば特に問題は無いのですが、奥さんや子供がいる場合は収入面での不安があります。
養う人間がいる場合は、あまり挑戦的な人生は歩まない方が良いと思いますが、それでも農業に携わりたいと考えるのであれば、農家として独立開業をするのではなく、「農業法人」への就職をおすすめします。

「農業法人」は、農作物を育てるだけでなく、農業に関わる様々な仕事を行う“会社化された農家”ですので、農業初心者が出来る仕事の数や収入面も比較的保証されるので安心して取り組む事が出来ます。

[参照元:農業転職サイトの比較ランキング]