新規農業就農者への支援について


初めての農業は支援が無ければ難しい
農業に従事している知り合いも無く、農業についての正確な知識も何も無い人が農業へと転職したら、まず間違い無く早い段階で挫折してしまう事と思います。
農業という職業は、素人が想像しているよりも遥かに体力を使う仕事なうえ、農作物を上手に育てるための専門的な知識と技術が必要不可欠だからです。

さらに、農業を行うには農地とするための土地や、農作業用の機材や設備が必要になります。
つまり、農業を始めるにあたっての初期費用が結構かかるのです。

こういった知識と技術と費用は、素人が全て1人で揃えるのはハッキリ言って困難だと言えます。
国や自治体では、そういった素人による新規就農者への支援を行っています。

農業への転職には支援制度を活用する
日本の全ての都道府県には、農業を始めるにあたって必要な知識などを教えてくれる就農相談センターが設けられています。
そういった所で相談すれば、農業について全く知識の無い人でも、農業についてのイロハを教えてもらう事が出来ます。

知識面だけでは無く、農業を支援する制度として、助成金や給付金を貸し出してくれる制度があります。
この制度を利用すると、農業を始めるにあたって必要な金額を無利子で借りる事が出来、さらに、自分の農業が軌道に乗るまでの数年間を給付金という形で資金援助してくれます。

農業への転職を考えている人は、こういった支援制度を上手く利用するようにした方が良いと思います。

[参照元:農業 就農の比較ランキング]