長野県で「Iターン農業」を行う


人気のIターン農業
日本列島のほとんどの地域に都市部は存在しています。
日本人からすれば、「あの県は田舎」「この県は田舎」と言う風なイメージを持つ土地が確かに存在しますが、そういうイメージに捕らわれずに日本の都道府県を見ると、全ての土地にしっかりとした都市部が存在しています。
日本全国のサラリーマンが働く場所はそういった都市部となりますが、長い事働いている内に都市部での生活が嫌になってしまう人がいます。
そういった人がすすんで田舎に移住する事を「Iターン現象」と言います。
そして、その田舎で農業を始める事を「Iターン農業」と言い、こういった形で農業を始める人を、各自治体は農業活性化のために支援をしているのです。

長野県の農業について
Iターン先で好まれる土地の1つに長野県があります。
長野県は日本列島の中の真ん中に位置し、豊かな自然に恵まれた土地として有名です。
日本アルプスをはじめとした2千~3千メートル級の山々に四方を囲まれている土地でもあり、四季に応じて変化に富んだ自然を楽しむ事が出来ます。
長野県は、「信州」という呼び名でも知られています。

豊かな大自然と美味しい天然水が溢れている長野県は、当然の事ながら農業が盛んな県です。
この長野県の農業の特徴を言えば、美味しい野菜や果物が豊富に実りやすい事が挙げられます。
長野県で農業を始める人の多くも、野菜や果物を栽培する農家の道を進む人が多く見受けられます。

[参照元:農業 Iターンの比較ランキング]